くまもと心療病院
くまもと心療病院 > 院長コラム > 【2015年1月】再生元年

【2015年1月】再生元年


再生元年

 

2015年1月 くまもと心療病院 理事長・院長 荒木 邦生

 

 明けましておめでとうございます。2015年がみなさま方にとって明るく良い年になるよう願っております。
 当院におきましては昨年10月から空床が目立っておりました。年末~年明けてから徐々に回復しているところではありますが、まだまだといったところです。私は昨年夏から腰痛、秋にちょっとした手術、11月から頸椎症と病院も私もパッとしない半年を送ったような気がします。
 年が明けて早速好きだった運動を再開したところ、テニスボールが「黄色い幻覚」じゃないかと思うくらいラケットに当たらず。あらためて自分の衰えと廃用症候群の恐ろしさを痛感した次第です。

 日本は先の総選挙で安倍自民党が大勝しましたが、戦略的解散であることを見抜いていた国民には関心が薄かったようです。経済を良くしなければならないことは十分わかるのですが、日本という国の将来の設計図が描けないまま突き進むのは不安です。
 海外ではあちこちでテロ事件が起こっています。表現の自由や報道の自由は非常に大事ですが、あえて刺激することが本当に必要なことなのかがわかりません。
 ともかく2015年は私にとって、病院にとって、また日本にとっても再生のスタートの年にしたいものです。

院外広報誌「りぶれ」Vol.41 新春号 より