くまもと心療病院
くまもと心療病院 > 院長コラム > 【2015年4月】スタート

【2015年4月】スタート


 スタート                   

 

2015年4月 くまもと心療病院 理事長・院長 荒木 邦生

 

 プロ野球のペナントレースが開幕し、応援している横浜DeNAベイスターズも新たなスタートを切った。今年こそ福島県出身の中畑監督を喜ばせてあげたい。優勝と言いたいところだが、セリーグ3位以内で上等である。それでも彼なら「絶好調」と言ってくれるだろう。
 病院も新年度に入り新たなスタートを切った。平成27年度は病院にとってどんな1年になるのだろう。新入職員が入り、人事異動もありフレッシュ感はあるが、不安で落ち着かない月でもある。新人もベテランも自分ができる事を一生懸命頑張りながら、病院全体の力を向上させてほしい。今年度は新たな中長期計画の初年度でもあり、今後のことを考えるといろいろな不安はあるが、前向きに頑張るしかない。皆が前向きに頑張れば路も開けるであろう。
 野球も病院もチーム力が重要である。誰が一人突出した戦力が居てもそれだけでは戦えない。今年のセリーグの順位予想と一緒で、ここ数年間の精神医療も混沌としてくる可能性がある。私は中畑監督のような明るいパフォーマンスは出来ないが、しっかりと自分の病院の立ち位置を確かめながら1年を戦いたいと思っている。重要なことは野球チームも病院もファンを惹きつけて離さないことだと私は思っている。

院外広報誌「りぶれ」Vol.42 春号 より