くまもと心療病院

ホーム > 院長コラム

院長コラム


2021年 盛夏

 

2021年8月 くまもと心療病院 理事長・院長 荒木 邦生

 

 やはり今年も夏はこんなに暑かったか、と思うほど暑くなった。


 世間はオリンピックで盛り上がり、ウイルスはデルタ株と減らない人出で盛り上がっている。このまま続けばメダルラッシュと感染爆発を両立させることができるであろう。まさに世の中は矛盾に満ちている。


 当院でのワクチン接種は、8月初めに65歳以下の患者さまの2回目接種が終了すれば、取り敢えず終了する。クラスターの不安は軽くなり、ずっと行っていた面会制限などもできれば個別的に緩和させようと思っている。「もう2年近く父に会っていません」とご家族に言われて、コロナを言い訳に堂々と人権制限を続けてきたことに気付かされた。日精協の医療安全委員会の事故報告でも、「コロナを理由に会わせてもらえない間に、変わり果てた姿になってしまっていた」という不満が病院に対する被害感情になっている事案も少なからずある。


 我々はこれまでもいろんな板挟みや矛盾の中で、どうバランスをとるかに終始してきたが、いま日本は正念場に来ている。

 

院外広報誌「りふれ」Vol.67 夏号 より

 


 

過去の投稿はこちら