くまもと心療病院

ホーム > 院長コラム

院長コラム


2021年 初夏

 

2021年6月 くまもと心療病院 理事長・院長 荒木 邦生

 

 新棟が完成し引っ越しが無事に終了した。連休が終わり患者さまに大きな変化はなく、トラブルや事故も今のところ無いようだ。ほっとしているが何故かあまり喜びが無い。
 

 新型コロナ感染症は、1年以上増えたり減ったりしているが、今ワクチン接種が始まって加速しつつあるのは良いニュースである。国の対応は遅いし中途半端だが、医療と経済のバランスを微妙にとりながら、感染爆発を防ぎながらゆっくりと前に進めているのは合格点なのかも知れない。


 昨年に安倍さんが「オリンピックは1年後には完全な形で行う」と断言していたが、そうならないことは明白で、彼の性格と予測の甘さを露呈している。菅さんはいろいろ悪口を言われて、党の支持率も落ちているが、今は誰がやっても褒められることはなく、地味だが割に合わない仕事をよくやっていると私は評価している。


 早くも梅雨入りしてまた今年も大雨が心配である。昨年の人吉のようなことが無いことを切に祈っている。

 

院外広報誌「りふれ」Vol.66 春号 より

 


 

過去の投稿はこちら